October 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

新入荷本アップしました。

周回遅れの感もありますが…。
新入荷本アップしてありますー。

着物関係をとぱっと。
この後、小説関係をわさっと上げたい所です。

今、装丁がボロボロになってしまってる文庫を、上製本に改造しています。
上手いこと綺麗にできたら、アップします!

アップしましたー

少しですが、新入荷本アップしましたー。
詳細は後程。

キモノdeジャックに行ってみようと思います。
初参加。
ドキドキ。

青い鳥少年文庫!!

 入荷してるんですよ!
なのに表(トップページ)に出し忘れてる!
こんなところに置きっぱなしです。。。

天球儀文庫と一緒に特集のトップに置こうと思ってたのに、何故忘れた自分…orz


一応近況報告してみますと、
結婚式で祭り状態→家庭内に嵐(notじゃにーず)到来→体調不良→30時間以上眠り続ける→やたら元気に目覚める←イマココ
…という状況です。
つまり、今は元気なのです。
で、気が付いたら師走です。
今月、頑張って本を売らないと、私、お餅買えません。

クリスマスプレゼントに古本って…ねぇ…と思われそうですが、月翳堂は状態の良い本が沢山あります。
プレゼントにも最適コーナーでも作るかね。
クリスマスに間に合うかね。
クリスマスラッピングは可能です。

長野まゆみの「クリスマスの朝に」なんて、クリスマスプレゼントにぴったりなのになぁ。
小学生にはもちろん、大人にも。

クリスマスラッピング(というか、ギフトラッピング)のサンプルでも作ろうかしら(ちょっとした現実逃避)。

古本を贈るというのは、元の持ち主の思いも一緒に贈るということ。
その人の存在を受け継いでいくということ。
あえて、古本で贈るというのも、素敵だと思うのですが…どうでしょう。

新入荷本追加しました

 ご無沙汰しております…!
ちょっっっっと色々ありまして…。
ご注文いただいた本の出荷はしていたのですが、仕入やアップができなくて。。。
やっとこ落ち着いてきたので、ぼちぼち更新していきます。

ということで、42冊程アップしました。
雑誌「幻想文学」、長野まゆみの「青い鳥少年文庫」、水無月亜夜「緩やかな崩壊」、蜂飼耳「空を引き寄せる石」あたりがおすすめでしょうか。
比較的新しい本だと、森美登美彦の「宵山万華鏡」の単行本が入っています。
このあたりのラインナップは、水曜日あたりに(本当か?)特集コーナーにお引っ越し予定です。

さてさて、最近(といっても、ここ一週間くらい)は、出勤仕事が無い日は着物来てました。
というのも、出勤経路にリサイクル着物屋さんができまして、そこに500円の着物やら帯らやがごろごろ売っているのです。
私は体格の割に腕が長い(足は長くない)宇宙人体系なので、古い着物は裄が合わないのですが、気合と工夫でなんとか着ています。
だって!
安くてかわいいの!!
今日も、500円で入手したマジョリカお召しを着て作業していました。

やっぱり、家で仕事をしようとすると、どうしてもふにゃけちゃうんですよね。
着物を着ると気分が変わるし、帯があるので腰が痛くならないし、良いことづくめ。
上に割烹着を着れば、洗濯も洗い物も(それ仕事じゃない)できるし、今日はちょっとした模様替えもしました。
台に登ったり、うりゃ!とカラーボックスを頭上に担ぎあげたり、問題なく動けます。
そうだよなぁ、昔はこれ着て日常生活送ってたんだもんね。
それだけ動いても、そんなに着くずれしません。
ちょこちょこ引っ張ってれば大丈夫。
ちなみに、着つけは「なんとなく」です(笑)。

習ったことないし。
本を1冊と、着物好きな人のブログの最初の1年を読んだらコツがわかって、なんとなく着られるようになります。
家の周辺へのおでかけくらいなら平気です。
これからも古本屋業務をする時には着物着用します。

着物店長。

良いのではないのかしら。

新入荷本追加しました

 なんとか…どうにか…追加しました…。
どうしてこう、毎回毎回CSVに悩まされるのでしょう。
エクセルは苦手だー!!

今回上げたのは実用書が多いです。
が、やっぱりお勧めは1Fです。
穂村弘のエッセイが爆笑物で…!
ついでに共感しすぎて…!

あと、3Fにもちょっと毛色の違う本を足しました。
宇宙関係は、どんどん新しい事がわかっていくので、古い本を読むと面白いです。
ちょっっっっと(結構)状態の悪い本ですが、天文入門編としてもおすすめです。

今回、実用書の中には結構恥ずかしいタイトルの本が混ざってますが(笑)、「私が買ったやつじゃないですから!!」と、ここで大声でお伝えします。

全部で25冊アップしたので、ぜひぜひ覗いてみてください。


月翳堂古本店

新入荷本アップしました

 ※お知らせ※
店長ブログのアドレスを、変更いたします。

新アドレス:http://tsukikagedow.jugem.jp/

現在、http://www.tenchow.tsukikagedow.com/ が店長ブログとなっていますが、こちらを店長ブログに戻します。
今日から8/31までは、ここと新アドレスと両方に同じ記事を掲載していき、9/1より、こちらのみの更新となります。

 


新入荷本を5冊アップしました!

【1F 日本文芸のフロア】
◆夢の通ひ路/倉橋由美子
◆桜庭一樹  ~物語る少女と野獣~/桜庭 一樹

【3F 鉱物・宇宙のフロア】
◆「鉱物」と「宝石」を楽しむ本 (PHP文庫)/堀 秀道
◆ときめく鉱物図鑑 (Book for discovery)/宮脇律郎
◆鉱物アソビ 暮らしのなかで愛でる鉱物の愉しみ方 (P-Vine Books)/フジイキョウコ


鉱物アソビは、今までなかなか無かった女子系鉱物本です!
すっごい可愛いんですよ〜。
まぁ…私は女子ではないので、鉱物は鉱物らしく標本箱に並べてニヤニヤしていますが、この本では日の当たる場所に吊るしてみたり、デザートのようにお皿に盛りつけてみたり(確かに私も、鉱物は美味しそうだと常々思っていました)生活の中に溶け込む鉱物といった感じです。
お皿に盛りつけて、スプーンを添えられた鉱物たちの可愛くておいしそうなことと言ったら…!

また、名前の美しさや透明感などで石を分類していたり。
鉱物に対する姿勢(?)が、宮沢賢治や長野まゆみ好きな本読みの人みたいだなぁ、と感じました。

おすすめです!
私も欲しい!


と、偏った話になってしまいましたが、夢の通ひ路はエロティックで面白いですし、桜庭一樹のムックも対談や書き下ろしが沢山です。
「鉱物」と「宝石」を楽しむ本はがっつり読む系。
ときめく鉱物図鑑は、わりと普通の鉱物ビジュアル本かと思いきや、桜石やオーケン石(大好き)など、他の本ではあまり紹介されていない石が載っています。
そして、ほぼ全てに和名が載っている!!
これ、なまら大事!
私はパワーストーンではなくて鉱物が好きなのだ!!という主張も込めて、石の名前は和名で呼ぶのです(よく忘れるけど)。


さて、今日は一日中寝ていたと言っても過言では無いほどに寝ていたのですが、ずっと「在庫増やさなきゃー…」と考えていた気がします。
まずは1000冊、目標は1万冊。
遠い。。。

1
pagetop