September 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

月翳堂古本店の閉店とリニューアルのお知らせ

タイトルの通り、月翳堂古本店は閉店することとなりました。

そして、サイトとブログはツキカゲドウ ワークショップ研究室としてリニューアルオープンいたします。

 

これまでも古本屋とワークショップ屋の両方を行ってきましたが、今年に入って古本:ワークショップの割合が0:10になったので、古本屋の方を閉じることにしました。

一人で両方を行っていくというのは、正直、大変でした。

約5年間、たくさんのお客様にご利用いただきました。

私が好きな本しか置かないという、かなり偏った古本屋でしたが、リピートしてお買い物をしてくださる方もいらっしゃいました。

どきどきしながら、初めて本の買取をさせていただいた日のことを、今でもはっきりと覚えています。

 

古い文庫本の改装(表紙をハードカバーに付け替える)から始まったワークショップですが、今では様々な講座を行い、お子様から年配の方まで楽しくものづくりをしていただいています。

ツキカゲドウ ワークショップ研究室については、こちらのブログで少しずつご紹介していきますので、変わらずご愛読いただけますと幸いです。

 

長きにわたりご愛顧いただき、本当にありがとうございました。

そして、これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

ノート部始動…?

昨年末に貼り箱部が始動しましたが、今度はノート部です。

なにせ一人でやっていますので、あっちもこっちもいっぺんに動かすことはできないのです。

が、やりたいことは色々あるので、思いついたままにやってみています。

古本販売とグラフィックデザイナーの仕事は通年で行っていますが、貼り箱部とノート部は合間に差し込んでいくイメージでしょうか。

どの部分を大きくしていくかは、これからやりながら考えていきます。

 

古本販売に関しても、ちょっとやってみたいことがありまして。

痕跡本ってありますよね。

あれをもっとしっかり扱っていけるようにしたいなぁと思っています。

昨年、たまたまそのお話を札幌で有名なデザイナーさんにお話したのですが「それはもはやアートですねぇ」と言われたのです…。

そうなの…?商売にならないの…?

でもね、有名古本屋では買い取ってもらえない痕跡本には、その持ち主が確かに生きていた証が宿っていると思うのです。

よっぽどの有名人ではない限り、その人が生きていたことを忘れないでいてくれるのって、孫くらいまでですよね。

すぐに、存在していたことが忘れられ、誰にも思い出してもらえなくなる。

私は、それがたまらなく寂しいんです。

 

けれど、痕跡本を誰かにつなぐことができれば、「こんな人が生きていたんだなぁ」と思いを馳せてもらえる。

正確な人物像ではなくても、存在したことを認めてもらえるれば、少しは寂しさが和らぐ気がするのです。

 

ノート部の話をするつもりが、なんだか違う話で長くなってしまいました。

貼り箱部と同じように、まずはブログ内からの始動になりますが、ノート部もどうぞよろしくお願いいたします!

【お知らせ】今日、舞妓になります

舞妓だかKIMONOガールだか、よくわかんないんですが。
両者の間にはかなりの開きがある気がするのですが。
オファーがあったので、舞妓になってきます。

というのも、1月下旬にあるイベントの告知リーフのコピーを書かせていただいたのです。
で、そのイベントは、不定期に開催されていて、JAZZとフレンチを楽しむJAZZディナーとして開催されていたのです。
が、今回は「外国人から見た日本」をテーマに、JAZZと和食、そして空間装飾を楽しむ特別イベントになったのです。

イベントの詳細は下記へ

http://www.facebook.com/events/125375740968527/


THE Side Winderというイベントです。
「サイドワインダー」とは、JAZZの名盤だそうで、作者は大の日本好きだったそうです。
それに因んで、今回はJAZZ×和なんですね。
さらに、開催する会場がすごくて、地上1階から地下3階までの3層構造で、各フロアでテーマにあった楽しみ方が用意されているそうです。
地下3階のメインホールでは、光&映像演出のプロ(東京でなにやらやっていたすごい人らしい)と、空間コーディネーター(この子、最近、PARCOのディスプレイとかで良くみかけます)がかなりスゴイ空間を作り上げるらしいです。 

で、そこの空間演出の一環で舞妓になる、と。

もう一人舞妓がいるのですが、身長170センチ越えの細身小顔美女な訳で。
私はまん丸のちんちくりんな訳で。
一瞬、何かの冗談かいじめかと思いましたが(笑)、どうやら本当に舞妓をやりに行かなければならないようです。

まぁ、私の舞妓は置いておいて、かなり気合の入ったパーティのようです。
着物で行ったらシャンパンのサービスもあるらしいですよー。


上のリンクが見られない人(っているのかな?)用に


「THE Side Winder」

2013年2月21日(木) 18:30〜
GLOVE WITH AQUA STYLE (札幌市中央区南9条西4丁目)
お一人様 ¥6,000

おかげ様で大好評のJAZZシリーズvol4!
今回は少し大人のパーティー形式で開催致します!
JAZZ DJ'[BIG YAMA] 超絶パーカッショニスト「U-ME」そしておなじみKE
Nさん率いるホーンセクションBARIBARIのファンクバンドで大人のJAZZ CLUBを演出!
会場の演出はグローブエンターテイメントのライティングクリエイターAKIHAMA氏がマッタリ怪しい空間を提供いたします。
料理はなんと和食。「SUSHI BAR」「OCHAZUKE BAR」「TENPURA BAR」など4種類のFOOD BARやピンチョスがメジロオシ!
会場のテーマは「ネオジャパネスク」和とJAZZの融合をご堪能ください!
ドリンクは44種類のフリードリンク。当日はワインの持ち込みもOK!B2フロアのBARでプライベートワインをお楽しみいただけます。
今回は「和」がテーマですので着物のゲストにMOETをグラスでプレゼントします!
誰でもご参加いただけますのでまだ当館が初めてのお客様もお気軽にご参加ください。
1
pagetop