September 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

実は

実はも何もないんですが。
グラフィックデザイナーでもあるのです。

古本屋を始めるときに、デザイナーの看板は下ろしたつもりでいたのですが、生活をするためにもやっぱり、スッパリやめる訳にはいかず。

そんな中、私のデザイナーとしての知識や経験を全て渡したいと思う相手が現れました。

その子が一人立ちできるようになるまで、デザイナーとしての仕事も勉強も終わらないでしょう。

いつかデザイナーを辞める日が来るのかも知れません。
来ないかもしれません。
でも、今はやっぱり、まだまだ知らない事ばかり。
会社から離れてデザイナーの仕事をしていると、今まで考えたことがなかったことをひたすら考えなくてはならなかったり、意外な知識が役に立ったり。


で、何が言いたいかというと、現在、楽しくデザイン仕事に追われてます。
しかし、そうすると本屋仕事をもっとしたくなる。

体力に限界がある状態だけれど、働くことが楽しいのは素晴らしい。

comments

   

trackback

pagetop