May 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ノート部始動…?

昨年末に貼り箱部が始動しましたが、今度はノート部です。

なにせ一人でやっていますので、あっちもこっちもいっぺんに動かすことはできないのです。

が、やりたいことは色々あるので、思いついたままにやってみています。

古本販売とグラフィックデザイナーの仕事は通年で行っていますが、貼り箱部とノート部は合間に差し込んでいくイメージでしょうか。

どの部分を大きくしていくかは、これからやりながら考えていきます。

 

古本販売に関しても、ちょっとやってみたいことがありまして。

痕跡本ってありますよね。

あれをもっとしっかり扱っていけるようにしたいなぁと思っています。

昨年、たまたまそのお話を札幌で有名なデザイナーさんにお話したのですが「それはもはやアートですねぇ」と言われたのです…。

そうなの…?商売にならないの…?

でもね、有名古本屋では買い取ってもらえない痕跡本には、その持ち主が確かに生きていた証が宿っていると思うのです。

よっぽどの有名人ではない限り、その人が生きていたことを忘れないでいてくれるのって、孫くらいまでですよね。

すぐに、存在していたことが忘れられ、誰にも思い出してもらえなくなる。

私は、それがたまらなく寂しいんです。

 

けれど、痕跡本を誰かにつなぐことができれば、「こんな人が生きていたんだなぁ」と思いを馳せてもらえる。

正確な人物像ではなくても、存在したことを認めてもらえるれば、少しは寂しさが和らぐ気がするのです。

 

ノート部の話をするつもりが、なんだか違う話で長くなってしまいました。

貼り箱部と同じように、まずはブログ内からの始動になりますが、ノート部もどうぞよろしくお願いいたします!

comments

   

trackback

pagetop