May 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

オトナノズコウラボに講師として参加します!

今回は3種類の講座を行います。
絶対にどれも楽しいですよ!
オトナノズコウラボですが、お子様もご一緒にどうぞ!

 

何をやるかと言いますと。
1つ目は、「入門用万年筆付き!マイカラーインク作り」。
これは、冬休みのお子様向け図工ラボでご好評いただきました「オリジナルインク作り」を大人用にしたもので、絵の具の混色とはちょっと勝手が違う、インクの混色を体験していただきます。
今回は冬休みに比べて講座時間が長いので、じっくりと理想の色のインク作りに専念していただけると思います。
作ったオリジナルインクは、万年筆に詰めてすぐにお使いいただけます。
自分だけのオリジナルインクで万年筆デビューなんて、大人の楽しみですよね。

 

入門用万年筆はプラチナ万年筆のプレピーの予定です。
入門用といえばパイロットのカクノが有名&人気ですが、プレピーも素晴らしい万年筆です。
パイロット大好きな私ですが、いろいろな要素を鑑みると私はカクノよりもプレピーに軍配を上げます。
我が家には現在5本のプレピーがありますが(先日、何本かお嫁に出したのに)、全員現役です。
カクノは数本買ってますが、贈り物にしてばかりで、手元には1本しかありません(しかも、今はインクが入っていない…。これはカクノが悪いんじゃなくて、私が悪い。愛しているよ、カクノ…)。

 

 

さて、2つ目。
「簡単製本でオリジナル文庫本&ノート作り」です。
文庫本を解体して、新しくハードカバーの表紙を付けます。
製本で難しい(そして時間がかかる)のは中身(本文)を作る工程ですが、文庫本はすでに中身が一まとまりになっているので、そこをすっ飛ばせるんですよね。
ハードカバーの表紙作りは、丁寧に行えば難しくないので、初めての方でも心配いりません。
文庫本はこちらでご用意しますが、自分のお気に入りの文庫本をハードカバーにしたい!という方はご持参いただいても結構です。

 

ハードカバー製本は重石をして乾かさなければならないので、その待ち時間に中綴じの簡単なノートも作ってしまいます。
ノートの中身は私が熱くオススメする紙です。

 

 

最後、3つ目は「まるで革製?!紙でつくるデスク整理箱」です。
貼り箱の手法を使って、デスクに置ける箱を作ります。
革っぽい紙にステッチを入れて、革製品のような見た目に仕上げる大人のための箱です。
ペン立て、小物入れ、A5書類箱の3種類からお好きなものを1つ作っていただきます。
通常、貼り箱の接着剤はニカワを使うのですが、初めての方には扱いが難しいので今回は両面テープを使います。
カッターの正しい使い方もお伝えしますよ。

 

 

さて、以上3つの講座を行いますが、日程と料金は下記の通りです。

 

●入門用万年筆付き!マイカラーインク作り/3,000円
4月30日(日)10:00〜12:30
5月5日(金・祝)13:00〜15:30

●簡単製本でオリジナル文庫本&ノート作り/2,500円
5月3日(水・祝)16:00〜18:30

●まるで革製?!紙でつくるデスク整理箱/2,500円
5月5日(金・祝)16:00〜18:30

 

全講座で、お家でも楽しめるようにキットの販売も行います。
それぞれの講座の詳しい内容は、また追って1つずつご紹介します!

pagetop