May 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ツキカゲドウ ワークショップ研究室とは


 

ツキカゲドウ ワークショップ研究室について、詳しくご紹介します。

 

  • ツキカゲドウ ワークショップ研究室(以下TWSL)は、札幌で活動しているワークショップ屋さんです。
  • コンセプトは「知ろう、作ろう。」
  • 札幌ではなかなか体験できないワークショップを週3〜4回開催しています。
  • お子様も参加できます(小学生以下のお子様は保護者同伴でお願いします)
  • 2時間のフルワークショップ(要予約)と、30分〜1時間でできる予約不要のプチワークショップがあります。
  • 1ヶ月で行われるフルワークショップは5種類前後、プチワークショップは4種類前後です。
  • フルワークショップは、毎月必ず新作が登場します。
  • 人気があったワークショップは翌月も開催されますが、人気がなかったものは終了します。
  • お友達グループで習いたい、イベントに来て欲しいなど、出張ワークショップも行っています。

 

では、どんな人がやっているのか?

続きをご覧ください。

 

代表・講師/井村 優希

 

経歴/

1982年、網走市生まれ→弟子屈町→余市町→札幌市育ち。

音楽系専門学校で舞台照明を専攻した後、小さなデザイン事務所へ就職、大手印刷会社内の分室へ配属。

その後、結婚式場運営会社、出版社でグラフィックデザイナーとして14年働き、2016年にフリーランスに。

細々とデザイナーの仕事をしていたが、たまたま講師として参加した子ども向けワークショップでの体験が面白かったため、そちらへ方向転換することに。

2017年9月より、ツキカゲドウ ワークショップ研究室としてワークショップ屋さんの活動を始める。

前身の月翳堂古本店は、会社勤めの傍、趣味が高じて開いたもの。

 

性質/

オタク。

宝塚歌劇団、ヘヴィメタル、文房具、鉱物など、興味の対象は多岐に渡る。

文章が長い傾向にある。

長文満載のnoteはこちら→https://note.mu/ureya

comments

   

trackback

pagetop