April 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

ご来場ありがとうございました!

 札幌ブックフェス、無事に終了しました!!
お越しくださったお客様、関係者の皆様、本当に本当にありがとうございました!

帰って来て、夜ごはん食べて、お風呂に入って、片付けが終わりました。
風呂入ったのに汗だくです。
在庫を片付けながら、買ってきた本を読みながら、よなよなエールを飲みながら。
あぁぁ幸せだーーー!!

本を売り初めて2ヶ月。
最高の売り上げを記録しました(当社比)。

どんな方がどんな本を買って行ってくださるのか。
今日はとても興味深い一日でした。

森銃三の絶版本。
値段高いかなぁ、誰も買わないかなぁ、と思っていたのですが、一番最初に売れたのがそれでした。
買ってくださった老紳士は、「この人の本は最近あまり見かけないからね」と嬉しそうに話してくださいました(内心、私まだ読み終わってないんだけどー!だから(売れないように)高めに値段つけれるんだけどー!!と叫んでたのは内緒)。
そして、終了間際に「森銃三売れちゃったの?」と声をかけてくださったご婦人。

発寒で買っていただいた作者の別の本を買ってくださった方。

長野まゆみ天球儀文庫を値段を見ずに買って行ってくださった方々(何故か全員、値段を見なかった)。

単行本をじっくりと立ち読みならぬしゃがみ読みしていってくださった女子学生さん(もう、いじらしくて可愛らしくて)。

そして、何故か同じ本を手に取っていた古本屋の皆様(笑)。

人が本を選ぶ姿って、本当に面白いなぁ、と思いました。

面白いと言えば。
「私この本すきなのぉぉぉ!!」と思って並べた本は、売れなかったけれど、ほとんどのお客様がいったんは手に持ってくださいました。
「“売れないけど店主が好きな商品”が店を形作る」とは良く聞く言葉ですが、これがそうなのかしら。

ブックフェスに訪れる客層も、あぁなるほどなぁ、という感じでした。
ついこの間まで、私もこの中に混ざってたな、と。
だって、お店を覗いてくださった方々、もれなく本好きって、すごいこと。


…ごくごくと流し込んでいたビールが効いてきました。。。


今日来てくださったお客様は、本は安ければ良いという訳ではないのだなぁ、といのが興味深かったです。
自分が思っている価値相応の値段だったら、納得。
ちょっと安かったら、お得な感じで嬉しい。
あまりのも安かったら、ちょっと不安だったり、なんか申し訳なかったり。
値段が安いからって売れるわけじゃない。
値段が高いからって売れない訳じゃない。
その人が思っている価値に対して、安いか高いかなのだ。

…ということは、これまでの仕事で分かっていたはずだったけれど、今日やっと実感しました。
価格競争をしない私(達)にとって、価値って、本当に大切。



ところで。
帰って来て数えてみたら、今日買ってきた本は16冊。
床に並べてつまみ読みしているけれど、どれもこれも面白い。
在庫は減ったものの、蔵書が増えたので、やっぱり部屋が片付かない。
在庫はもっと増やさなきゃいけないし。
収納問題は尽きないけれど、やっぱり楽しいなぁ。
兼業(持病付き)だと体はしんどいけれど、精神衛生上はとても良い。
しかも、堂々と言い訳しながら本が買える(笑)。

まだまだやらなければならないことは沢山あって。
まだまだ知らないことも沢山あって。
だけど、好きな本を誰かに託していくっていうのは、とても幸せで楽しい。
尊敬する上司が言っていました。
「仕事は、細くても良いから長く続けること」と。
まだまだ初めて一カ月半。
ゆっくりでも、きちんと、続けていこう。

今日、来てくださった方々、関係者の皆様、本当にありがとうございました!
pagetop